カメラのレンズの掃除の仕方...

カメラのレンズの掃除の仕方

cleanning
レンズの掃除

一眼レフのレンズを掃除する時は、フォトグラファーは皆それぞれのやり方でやるものです。「どうやってレンズを掃除し合うかを見せ合う会」というものも存在しないので、他の同業者がどうやって掃除しているかというのは興味があります。

今回は、レンズの掃除について紹介します。

なぜ、レンズを掃除するのか?

「汚くなったから」という当たり前の理由の他に、レンズをきれいに保つ事でカメラのパフォーマンスを最大まで引き出すという効果があります。例えば、前にこの記事で書いたように、レンズのリア部分についた汚れが写真に斑点を出すというようなことが起こります。汚れや埃は、屋外で撮影をするフォトグラファーにとってはあって当然のものですので、これを除去するのはカメラメンテナンスの基本とも言えるでしょう。

間違ったクリーニング方法の弊害

適当な掃除方法によってレンズを痛めるということもよく起こります。コンタクトレンズなど、他のレンズと同じように、カメラのレンズも傷つきやすいものです。例えば、レンズを拭いた布に小さな砂の粒がついていて傷つけてしまったり、液体の洗剤をかけて拭いている時に液体が中に沁み入ってしまったりといったアクシデントが起こり得ます。

こういったことから、クリーニングをする時は丁寧に行うのが理想といえます。

保護フィルターをつけよう

このように、クリーニング自体でもアクシデントによってレンズを痛める危険さえありますから、汚れないような予防をするのが一番の汚れ対策とも言えるでしょう。幸い、カメラ業界はたくさんのアクセサリーを出しており、保護フィルターもたくさんでています。保護フィルターをつけておくことで、汚れや傷がつく可能性をグッと下げる事ができますので、レンズを買ったら一緒にフィルターも買うのが望ましいでしょう。

レンズクリーニングの手順

最初にお話したとおり、皆が違うやり方でクリーニングをしています。ここでは一般的な順番をまず紹介します。

  1. レンズの外側を掃除する。ブロアーやクリーニング用の布を使って外側を丁寧に掃除します。
  2. レンズマウントを掃除する。クリーニングキットを買って、クリーニングオイルが着いていた場合はそれを塗りながらクリーニング用の布で拭いていきます。
  3. レンズのフロントとリア(前玉・後玉)を掃除する。ここは布で擦るのはちょっと怖いので、クリーニング専用のペーパーを使います。もちろん布ではいけないということではありません。

以上、とてもシンプルなものでした。実際、Youtube等で調べてみると世界中色々なフォトグラファーが色々なやり方で掃除をしているのを見かけます。世界中のフォトグラファーのレンズ掃除の動画をただ見てみるのも一興です。以下にいくつかご紹介します。