富士フィルム、51.4メガ...

富士フィルム、51.4メガピクセルの中判ミラーレスカメラGFX 50Sを発表

gfx50s

富士フィルムが中判ミラーレスカメラの開発を公式発表しました。

まずは新ラインとなる「GFX」シリーズの第一弾として、51.4メガピクセルの中判ミラーレス、「GFX 50S」が発表されました。

gfx50s2

GFX 50Sは43.8×32.9mm、5140万画素の新しい「富士フィルムGフォーマットセンサー」を搭載。デフォルトである4:3だけでなく、3:2、1:1、4:5、6:7、6:17など、従来の中判カメラ・大判カメラで使用されるアスペクト比を使うこともできます。

gfx50s4

従来の中判カメラと比べてコンパクトさ・軽さを実現しながらも、Xシリーズのようにデジタルでない実際のボタンやダイヤルをしっかり配置し、Xシリーズのような「操作感」が得られそうなつくりになっています。

ビューファインダーはビルトインではなく、取り外し可能な外付けアイテムとなっており、より軽さや持ち運びの気楽さを求める人のニーズに対応しています。

gfx50s3

レンズは新しいGマウント用のフジノンGSレンズを使用で、まずは以下の6本のレンズが開発されるそうです。

  • 63mm F2.8(35mm換算で50mm)
  • 32-64mm F4 (25-51mm)
  • 120mm F4 (95mm)
  • 110mm F2 (87mm)
  • 23mm F4 (18mm)
  • 45mm F2.8 (35mm)

気になる発売日は2017年初頭の予定で、価格はまだ未定。レンズも2017年前半から順番に出していく予定だそう。正確な発売日と値段の発表は近いうちにありそうなので、注目です。