キャノンのキットレンズに「...

キャノンのキットレンズに「赤線」を入れて高級にしてみた

ジャパンカメラはカメラに関するDIYが大好きですが、今回も面白いものを見つけたので紹介します。

デンマークのニコライ・マー(Nikaj Ma)さんはカメラ好きの若者。キャノンの高級レンズの証である、「赤線」の入ったレンズに憧れますが、そんなお小遣いはありません。

そこでマーさんが考えたのは自分のキットレンズに赤い線を自分で引いて、高級な赤線レンズに仕立て上げるという名案(迷案?)です。

canonkitlens
マーさんのキットレンズ。

マーさんは入門機によくついてくる上のキットレンズの他に、簡単なペイントキットを用意しました。

マスキングテープ・絵の具・筆を用意。
マスキングテープ・絵の具・筆を用意。

それでは作業開始です…

ステップ①:シルバーリングの周辺をマスキングテープでカバーする

canonkitlens2

ステップ②:シルバーリングを赤ペイントで塗る

canonkitlens4

完成!⬇

ハイエンドな仕上がり
ハイエンドな仕上がり

…これであなたも、今日から赤線Lレンズのユーザー! …かも?

ジャパンカメラは機材のDIYが大好きです! あなたの面白いDIYアイデアがありましたら、お問い合わせフォームジャパンカメラFacebookページから教えてくださいね!