iPhone7のカメラの実...

iPhone7のカメラの実力、スマホカメラランキングで第3位、Apple製品歴代1位にランクイン

iphone7

先日鳴り物入りで発売したiPhone7。発売前からRaw撮影対応の噂もあり、カメラ界でも注目されていた一台です。

この度、カメラ・レンズのイメージクオリティーをレーティングするDXOMARKがiPhone7のレーティングを発表しました

iPhone7カメラ、6sからの大幅アップグレード

結論から言うと、iPhone6sよりも高いスコアを出し、前機種からの大きなアップグレードがある他、全スマートフォンカメラの中でも3位(同率7位)にランクインするなど、Appleファンを満足させる内容でした。

スマホカメラランキング

  • 1位 88点:HTC10、GalaxyX7 Edge、Xperia X Perf.
  • 2位 87点:Moto Z Force Droid、Galaxy S6 Edge Plus、Xperia Z5
  • 3位 86点:iPhone7、LG G5、Galaxy NoteV、G6 Edge

iPhone7の総合点数は86点で、それでも6s Plusよりも2点あがっているのですが、これはシングルセンサーのiPhone7だけに限っての評価なので、iPhone7 Plus ではさらなる高得点になると考えていいと思われます。

iPhone7カメラスコア

以下がスコア分布図です。

写真スコア、iphone6sとの比較
写真スコア、iphone6sとの比較
動画スコア、iphone6sとの比較
動画スコア、iphone6sとの比較

iphone7score3

DXOMARKによると、「iPhone7は広いダイナミックレンジと素晴らしい露出、正確なホワイトバランスと色の描写性を持ち、86点の高得点を叩き出した。認められた弱点と言えば、細かいデティールを失う事、全ての明るさでフォーカスがイレギュラーであること、暗い所での撮影で目に見えるノイズが発生することくらい」だそうです。

iPhone7のフラッシュテスト。被写体にしっかり光が当たるが、同時に4隅の暗さも目立つ。
iPhone7のフラッシュテスト。被写体にしっかり光が当たるが、同時に4隅の暗さも目立つ。

iPhone7カメラレビュー:結論

以下がテストに基づいたレビューの結論です。

長所

  • 広いダイナミックレンジ
  • 安定して正確なホワイトバランス
  • 屋外での自然光撮影でのディティールの保全力
  • 明るい場所での速いオートフォーカス
  • フラッシュ:正確なホワイトバランス、良好な光色、少なめのノイズ

短所

  • 屋外自然光や暗所での撮影において最も細かいディティールは失われる
  • 暗所撮影時の目に見えるノイズ
  • オートフォーカスが不安定(イレギュラー)である。
  • フラッシュ:連続撮影時にオートフォーカスが不安定、シェーディングが強く周辺光量落ちの状態に見える

細かいレビューはこちらから見る事ができます。