Laowa 12mm F2...

Laowa 12mm F2.8: F2.8レンズの中での最広角と「歪みゼロ」を謳うVenusの新作!

laowa12mm

Venus Opticsが「世界で最も広い画角を持つF2.8レンズ」「広角歪みはほぼ見る事の出来ないレベル」「ハイクオリティーなレンズと、極小サイズ」などを謳うLaowa 12mm F2.8をKickstarter上で発表しています。

その画角は122度で、現存するF2.8レンズの中で最も広角なものとなっており、Venus Opticsは「風景、建築、インテリア、旅行、そして最も特筆すべき天体写真など、色々なジャンルの写真で理想的なレンズとなるだろう」としています。

驚くべきは609gというその軽さで、Canon 14mm F2.8 と比べてほぼ40gも軽くなっており、さらに画角も8度広く、値段が10万円も安いという魅力的なスペックになっています。

さらにVenusがプッシュするのが「広角歪みがほぼ見えないレベル」であるという点。実際このレンズの正式名称はLAOWA 12mm f/2.8 ZERO-Dで、ZERO-Dの部分は「ZERO DISTORTION」、つまり「歪みゼロ」という意味で、レンズの名称に入れる程強くプッシュしています。

以下がVenus発表のLaowa 12mm F2.8での作例です。「歪みゼロ」かどうかはご自身の眼で確かめてみてください…

laowa12mm1 laowa12mm2 laowa12mm3 laowa12mm4 laowa12mm5

Venus OpticsのLaowaブランドは既に実績があるためか、Kickstarterでは既に3000万円以上の出資が集まっています。これだけの出資者が集まれば生産はほぼ確実でしょうから、市場に出てどんな評価になるか注目です。