iPhone写真の撮り方ガ...

iPhone写真の撮り方ガイド:スマホ撮影のコツを覚えよう!

スマートフォンの進化は目覚ましく、内蔵のカメラの性能は目をみはるばかりです。特にiPhoneのカメラの性能は定評があり、iPhoneだけで作品を撮る写真家が出て来るなど、iPhone写真というジャンルができあがりつつあります。

今回は、そんなスマホでの撮影についていくつかのコツを紹介します。

1.シンプルな写真をこころがけよう

iphonephoto

色々なものを詰め込みすぎた写真はごちゃごちゃした印象になるのでシンプルに保つのがいいでしょう。一枚の写真には一つの面白い主題があればいいのです。

画面の大部分が空になってしまうことを怖がらずに、シンプルにひとつ見せたいものを撮ってみましょう。iphone撮影はシェアすることも多いです。シンプルな物の方が見る人に伝わりやすくもあります。

2.被写体のアイレベルで撮ってみよう

eyelevelportrait

子供やペットはスマホ撮影の被写体としてとてもポピュラーですが、撮影する人が自分の視点から見下ろして撮った物が溢れていて、面白くありません。

ペットや子供を撮る時には、被写体のアイレベル(目の高さ)で撮ってみましょう。ぐっと近づいて撮るのも良いでしょう。

3.影を撮ってみよう

shadowportrait

他の人の写真と違いを出すには、人が目をつけていない所に目をつけてみるのが一つの方法です。通常被写体に目がいっていて、影を見ている人は多くありません。これを主題にすることで、普通のスマホ写真とひと味違った面白い写真を撮る事ができます。

4.スマホカメラでのズームは避けよう

スマホカメラには親指と人差し指でピンチするなどしてのズーム機能が備わっていますが、これは使わない方がいいでしょう。iPhoneであっても、ズームした途端に画質のクオリティの劣化が激しいです。

どうしてもズームしたい場合はカメラに頼らず、自分で近寄って撮影するようにしましょう。

5.グリッドを活用して三分割構図に挑戦してみよう

grided

写真の構図で有名な三分割構図をスマホ撮影でもトライしてみましょう。三分割構図は画面を縦横に三分割してその線上と線の交点に被写体を配置していく構図テクニックですが、実はスマホではその線を表示させながら撮影する事ができるので、簡単にチャレンジすることができます。iphoneでは設定>写真とカメラ>グリッドをオンに設定すると、三分割の線がカメラの画面上に表示されます。